2018.08.06

続・暑い!

このところ30度超えは当たり前で,日中はもちろん夜になってもエアコンなしでは過ごせない。午後3時現在,天気予報は雨で33度ということになっているが,まだ雨は降ってはこない。

Img_1768

そんな曇り空で,風通しの良い2階の室内でも34度という暑さ。早く秋が来ないかと思う。

Img_0072

そして,早くも次の台風が近づいている。

Img_1769

| | Comments (0)

2018.07.29

台風被害

昨夜から今朝にかけて東海地方は台風12号に襲われた。通常,台風は南西から北東へ進むものだが,今回の台風は南東からから来て西へ進むという珍しいコースを取っている。

Img_1664

静岡県には午後8時ごろに最接近し,3時間ほど強風が吹き荒れた。おかげで我が家のテレビアンテナは折れて屋根からぶら下がったままになった。

Img_1678

Img_1679

下の写真は一夜明けた今朝の写真。さっそくアンテナ設備会社に修理を依頼したが,工事は早くとも5日後になるとのこと。

Img_1680

| | Comments (0)

2018.07.27

セカンドサブモニター

いつも机の上にある iPad がマックと連動して使えると便利かもと思い立って,iPad を Macbook Pro のセカンドサブモニターにしてみた。使用アプリは Yam Display(USB 接続)と Yam Air(WiFi 経由)。さすがに WiFi 経由では描画速度が遅いが,USB 接続なら全く問題はない。これで特段便利になったというわけでもないが,ちょっとした気分転換にはなったかな?

Img_1663

★ 訂正 ★ 2018.07/28
マック側で Yam Display の設定を 60FPS(高パフォーマンス)にすると WiFi 経由でもけっこう速く動きました。快適です。ちなみに,この Macbook Pro は Mid2012 で,OS は High Sierra(内臓SSD)です。

| | Comments (0)

夕焼けと台風

夕焼け空がいい色を見せている。しかし,台風が接近中だそうで,明後日には上陸の可能性がある。予想される台風の進路を見ると,いつもとは逆の方向に進むようだ。先日洪水被害のあった中国四国方面にこれ以上の被害がなければいいが。

Img_1660

Img_1664

| | Comments (0)

2018.07.25

猛暑日

この一週間ほど全国的に猛暑日が続いている。熱中症で救急搬送される人が続出して,新聞等でも学校のエアコン設置についての議論が盛んだ。内陸部の平地では35度以上が当たり前で,場所によっては40度を超えているところもある。せいぜい上がっても34度の静岡なんかはもう涼しいと言ってもいいほどだ。

Img_0055

今日はいい風が吹いているからといって窓を開けて仕事をしていると,気温が32度以上の環境ではパソコンが熱暴走してしまう。結局はエアコンを使うしかなさそうだ。


| | Comments (0)

2018.07.24

光芒

光芒。夏の日の夕暮れ前。

Img_1608

| | Comments (0)

2018.07.13

暑い!

午前10時、すでに29.5度。午後は32度になるという予報。

Img_1451

32度。午後2時。まだ上がるかも。それでも、今日は風があるから大丈夫。

Img_1453

| | Comments (0)

2018.07.09

ホームラン

窓の外,ヤクルト対巨人戦の球場上空が賑やか。誰かがホームラン打ったか?

Img_1537

| | Comments (0)

2018.07.03

大室先生

定年退職した職場から持ち帰った資料を整理していると,青い冊子の間から見覚えのある字で書かれた手紙が出てきた。それがすぐに大学時代に師事した大室勇一先生の字だということがわかって驚いた。なぜなら,昨日,高校3年生の時に参加したミュージックキャンプのことを書いたばかりだからだ。奇しくも今日は30年前に大室先生が亡くなった命日にあたる。そして,私がはじめて大室先生に出会ったのがこの榛名湖ミュージックキャンプだった。

その榛名湖で,くにたち音大を受験したいと言った私に先生は「今の君には難しいよ」と即座に答えて言われた。翌年,私は奇跡的にくにたち音大に現役合格し,その年からはじめて大学で教えるようになった大室先生の最初の学生の一人になった。榛名湖以来,文字通り奇跡の再開だった。大学での大室先生のレッスンはとても厳しいものだったが,先生は私が迷っているときにはいつも何らかの方向性を示してくださった。

この手紙は,1985年にアメリカで開催されたサクソフォンコングレスから帰国された直後のもので,次のコングレスを日本で開催することになったことへの先生の思いが書かれていた。その日本でのコングレスを目前にした1988年の7月3日に先生は47歳という若さでこの世を去り,私は長期出張中のアメリカでその訃報を受けた。先生のご葬儀にもコングレスにも参加できず,先生には何の恩返しもできなかったことが私の人生の大きな心残りになっている。

今,様々な思いをもちながら定年退職を迎えた私に,先生はまた何か言おうとしてくれているのかもしれない。

Img_e1357

| | Comments (0)

2018.07.02

YOUは何しに榛名湖へ?

昨日は音楽教育の研究会に招かれて群馬県に行ってきた。昨夜は草津温泉に宿をとってもらい,今日は指導主事の先生のご厚意で榛名湖を訪れた。

Img_1269_2

48年前,当時高校3年生だった私は群馬県の榛名湖畔で開催されたミュージックキャンプに参加した。それが私の音楽生活のスタートになったと言っても過言ではない。もう一度同じ景色を見たいということで,それと思しき宿泊施設のフロントを尋ねまわったものの、どこでも「その頃この施設はありませんでしたので、、、」という感じで一向に手がかりがつかめなかった。
うまい具合に,手元にその時の写真があったので,山並みの形を手掛かりに湖畔を回ってその場所を特定することができた。

Img_1303

そして,これがその手掛かりになった48年前の思い出の写真。さすがに色褪せている。

Photo

島田先生,暑い中ありがとうございました。

Img_1312

| | Comments (0)

«海抜と標高